パソコン ハードディスクは 外付けHDD ソフト DVD USBメモリなどでバックアップをしましょう。ウイルス対策 トラブル対策 忘れず行いましょう。

スポンサードリンク

パソコン バックアップ フリーソフト



パソコンバックアップをとることは、急なトラブルに備え、大切なデータをすべて消失してしまわないようにするためにとても大切なことです。統合型から単機能型まで、パソコンバックアップのソフトは有料無料含めると100種類以上あるといわれています。有料バックアップソフトだけではなく、フリーでも実用に耐えられるバックアップソフトがでています。バックアップのフリーソフトには下記のようなものがあります。

<ミラーフォルダにバックアップ>
・RealSync(フォルダ同期のバックアップソフト)
2つのフォルダをミラーして同一の内容にするバックアップソフトです。ミラーリングとは、鏡にデータを写したように、まったく同じデータを作る方法です。ミラーフォルダを設定して、更新ボタンを押すだけで作成できます。
・BackupF2F(コピーと同期を一括で行うバックアップツール)
自分で好きなフォルダ、データを設定し、それをバックアップしてくれるものです。差分(変更のあったものや、元データと違うもの)バックアップなども出来、非常に便利で高速に処理できます。もちろんミラーリングも出来ますし、バックアップパターンを何パターンでも作れるので、自分で好きなジョブを好きなときにバックアップすることができます。

<リムーバブルメディアへ丸ごとバックアップ>
本体のHDD以上の容量の外付けHDDが必要になります。
・DriveMirror
フォルダ、ディレクトリ、ファイル等をドラッグ&ドロップで簡単に選択できます。拡張子ごとにフォルダを作成するファイル振分け機能がついています。
・CopyFileTK.exe
ファイルのタイムスタンプを利用して、差分コピー&削除を行うバックアップソフトです。

ミラーリングは、データの保存だけでなく、フォルダの階層構造もバックアップすることができる便利な方法です。このほかにも探せばいろいろなバックアップのフリーソフトがあります。自分の使い勝手の良いフリーソフトを見つけて、バックアップを行なうのも良いのではないでしょうか。




posted by PC-SOS at 15:24 | バックアップ

スポンサードリンク

パソコン バックアップ HDD



パソコンのトラブル、起きてほしくないですよね。
でも、こうしていてもトラブルが・・・なんてこともありうるわけです。パソコンの中には、再生が難しいものや入手するにはお金が必要な情報などもあります。突発のトラブルなどが起こると、そんな大切なデータをすべて消失して、取り返しのつかないことになることもあります。不測の事態に備えるには、パソコンデータのバックアップを習慣づけることです。

パソコンの「バックアップ」とは、データの写しを他に記憶保存しておくことです。ハードディスクドライブ(HDD)は、情報を記録、または読み出す記憶装置です。パソコンを使っていると、データが増えてきて、どうしてもハードディスク(HDD)の容量が足りなくなってきます。HDDは一番重要なデータが入っている割に、パソコンの部品の中で最も壊れやすく、長く使用しているとデータを読み込めなくなってしまいます。そうなる前にHDDのバックアップをとっておくことが重要になるのです。

パソコンバックアップをHDDで行うには、外付けのハードディスクを使ってバックアップを行うと便利です。外付けHDDは年々記憶容量が大きくなっていて、携帯に便利な小型のHDDも出回るようになって来ました。

外付けHDDを選ぶ場合には、データの容量を考えましょう。文章作成など、さほど容量を食わないデータであれば100GBほどで十分でしょう。逆に、動画などの大容量のファイルを保存、編集するのなら300GB前後は必要になります。価格は、1万円〜2万円あたりが容量も比較的多くお買い得になっているようです。

パソコンにあまり詳しくない人は、聞き慣れないかもしれません。
「バッファロー」、「IODATA」「ロジテック」の3社は、日本のHDDの大手メーカーと言われていて、この3社の外付けHDDであればほぼ問題ないと思います。パソコンバックアップは、日ごろから定期的に行う習慣をつけましょう。


posted by PC-SOS at 22:14 | バックアップ

スポンサードリンク

パソコン バックアップ ソフト



パソコンが急にフリーズした、なんて経験ありませんか。すぐに復活すればいいのですが、トラブルが起こると何時間もかけて作成した文書や画像が、一瞬で消えてしまう可能性もあります。これまで保存していた家族との思い出の写真、仕事の大事な文書などの大切なデータをすべて消失してしまうことになります。ハードディスクは、非常に壊れやすいため、バックアップは必要不可欠です。市販されているパソコンには、少なくとも1台のハードディスクが内蔵されています。OSを含む様々なデータやソフトは、このハードディスクに保存されています。パソコンのバックアップは、このハードディスクのバックアップを意味します。

外付けハードディスクなどにハードディスクに保存されている全データを丸ごとバックアップするためには専用のソフトが必要になります。普通、外付けハードディスクを購入すると付属ソフトが付いています。パソコンのバックアップソフトとしてお勧めなのは、ソースネクストが販売しているバックアップソフト『Acronis TrueImage Personal(アクロニス トゥルーイメージ)』です。

「アクロニス トゥルーイメージ」の特徴は、税込みで1,980円という超低価格にあります。こんなに安くて大丈夫と思われるかもしれませんが、Acronis社は、この分野で定評のある会社なので、低価格でも安心です。他の作業をしながら、しかも高速にバックアップできますし、操作もウィザードに沿って進むだけなので、パソコン初心者の方でもとても簡単です。

また、パソコン周辺機器メーカーバッファロー社の外付けハードディスク「HD-HESU2シリーズ」には、「Acronis TrueImage LE」が添付されています。この添付ソフトウェアを利用すれば、定期的なバックアップや万が一の場合のシステム復旧も容易に行うことが出来ます。バックアップソフトは、数千円であなたの思い出やデータを守ってくれるすぐれものなのです。


posted by PC-SOS at 14:40 | バックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。