パソコン ハードディスクは 外付けHDD ソフト DVD USBメモリなどでバックアップをしましょう。ウイルス対策 トラブル対策 忘れず行いましょう。

スポンサードリンク

ホームページビルダー



ホームページやブログなど、最近では誰でも簡単にインターネット上で日記やショッピングサイトなどを持てるようになりました。ホームページは、HTML言語(ホームページ作成の命令文)で構成されています。でも、パソコン初心者の場合、タグを使ったハイパーテキストのプログラム言語はなかなか使いこなせるものではありませんよね。そこで、HTMLなど知らなくてもホームページが作成できるソフトがあるのです。HTMLエディタという分類のソフトで、いわゆるホームページ作成ソフトです。ワープロ感覚で打ち込むことで、ホームページを作ることができます。

ホームページ作成ソフトの中でも、最もユーザーが多く人気も高いのが、日本IBM社が発売しているホームページビルダーです。「ウェブアートデザイナー」を使えば、ホームページで使うロゴや絵柄などをデザインできます。アニメーション画像を作る「ウェブアニメーター」や、作ったホームページをプロバイダに転送しインターネットへ公開するために使うFTPツールも付いています。ホームページに記載する文字も削除や追加が簡単にでき、パソコンに保存ができるのでいつでも更新することができます。ホームページビルダーを使えば、マイホームページやアフィリエイト、Web Shopなどのホームページも作ることができるのです。

HTMLエディタは、各社からいろいろなHTMLエディタが発売されていて、それぞれに特徴があります。その中でもホームページビルダーは、HTMLエディタのランキングでも常に上位の売り上げを占めています。ホームページ作成では、ホームページビルダーは一般的なソフトになっているということですね。




posted by PC-SOS at 15:45 | ハードディスク

スポンサードリンク

ノートパソコン ハードディスク 交換



ノートパソコンは、持ち運びができ、場所を取らないため、使用する人は年々増えています。しかし、ノートパソコンのハードディスクは、デスクトップよりも容量が少ないうえに、デスクトップ同様、寿命の目安は3〜5年と言われています。デジカメで撮った写真やテレビ番組の録画など、ノートパソコンをフル活用していると問題となるのがハードディスクの容量不足です。ノートパソコン用のハードディスクは、年々倍々ゲームのように容量が増えています。

新品のパソコンに買い替えるには、10万円はするのでコストがかかります。経済的に、もっとたくさんのデータを保存したいという方におすすめなのがハードディスクの交換です。新しいハードディスクに交換することで、空き容量が増えるのはもちろん、処理速度の向上も期待できます。もちろん、パソコンの寿命も延びることになります。

ハードディスクの交換は、ドライバ1本あれば簡単に行えますし、決して難しいことではありません。たとえばIBMのノートパソコンは、メンテナンスマニュアルがネット上で公開されているため、交換方法に困ることはありません。ただし、ノートパソコンを分解することにより、パソコン本体メーカの保証は受けられなくなりますので注意が必要です。

ハードディスクの交換そのものは自分では無理だという方には、有償取り付けサービスを行う代行業者もいるので、こうしたサービスを利用するとよいでしょう。交換した古いハードディスクはそのままバックアップとして保存してもいいですし、USB接続のハードディスクケースに入れれば、外付けハードディスクとしても利用できます。ハードディスクの交換は、あくまでも自己責任だということは覚えておいて下さいね。


posted by PC-SOS at 15:07 | ハードディスク

スポンサードリンク

ハードディスク バックアップソフト



ハードディスクドライブとは、情報の記録や読み出しをする大容量の記憶装置のことです。 普通パソコンには、少なくとも1台のハードディスクが内蔵されています。自分がどれだけ気を付けていても、突然のトラブルでパソコン内のデータが消えてしまうこともあります。データが失われる危険を回避するために行うのが、ハードディスクのバックアップです。

外付けハードディスクなどにハードディスクに保存されている全データを丸ごとバックアップするためには専用のソフトが必要になります。普通外付けハードディスクを購入するとソフトは付属で付いています。専用ソフトには有料・無料色々なものが出ています。
ハードディスクのバックアップソフトとしては、ソースネクストが販売しているバックアップソフト『Acronis TrueImage Personal』がお勧めです。「アクロニス トゥルーイメージ」の特徴は、税込みで1,980円という超低価格にあります。Acronis社は、この分野で定評のある会社なので、低価格でも安心です。他の作業をしながら、しかも高速にバックアップでき、操作もウィザードに沿って進むだけなので、とても簡単です。

また、パソコン周辺機器メーカーバッファロー社の外付けハードディスク「HD-HESU2シリーズ」には、「Acronis TrueImage LE」が添付されています。この添付ソフトウェアを利用して、定期的なバックアップや万が一の場合のシステム復旧などを容易に行うことが出来ます。パソコンを使っている以上、バックアップは必ず必要なことです。大切なデータや、思い出の写真などを失わないうちに、バックアップを行う習慣をつけましょう。


posted by PC-SOS at 22:02 | ハードディスク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。