パソコン ハードディスクは 外付けHDD ソフト DVD USBメモリなどでバックアップをしましょう。ウイルス対策 トラブル対策 忘れず行いましょう。

スポンサードリンク

パソコン ウイルス タイプ 種類



パソコンウイルスは、悪意のあるコンピューターウイルスであり、パソコン内のデータを壊したり、勝手にプログラムを書き換えたりします。パソコンウイルスに感染すると、パソコンが起動できなくなるなど、非常に悪質で厄介なプログラムです。パソコンウイルスを大別すると、ファイルに感染するものと、感染しないものに分けることができます。

ファイルに感染するパソコンウイルスは、意図的にプログラムやデータベースに対して何らかの被害を及ぼすことを目的として作られたプログラムです。ファイル感染型は、アプリケーションなどの実行型ファイルに感染するパソコンウィルスです。フロッピー、ハードドライブなどから他のファイルに感染します。システム領域感染型は、パソコンのOSなどシステム領域に感染するウィルスです。複合感染型は、ファイル感染型とシステム領域感染型の両方の性質を持つウィルスで、両方の駆除を行わないと再感染してしまいます。マクロ型は、アプリケーションソフトで作成する文書ファイルに直接感染するパソコンウィルスです。

ファイルに感染しないパソコンウイルスは、「自己増殖しないタイプ」と「自己増殖するタイプ」に分かれます。トロイの木馬型は、他のファイルに感染したり自己増殖はしませんが、役に立つソフトのように見せ、実行されるまでファイルに潜み、実行されると直接的な破壊活動を行うウィルスです。「ウイルス駆除ツール」を装った悪質なトロイの木馬も発見されています。

ワーム型は、メールやネットワークを介して自己増殖し感染を拡大していくパソコンウィルスです。パソコンウイルス感染は、自己のパソコンに大きな損害をもたらしますが、他の人へも危害を加えてしまいます。必ず、ウイルスソフトをインストールし、常に最新の状態に保つようにして下さい。




posted by PC-SOS at 15:10 | ウイルス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。