パソコン ハードディスクは 外付けHDD ソフト DVD USBメモリなどでバックアップをしましょう。ウイルス対策 トラブル対策 忘れず行いましょう。

スポンサードリンク

パソコン ウイルス 感染



パソコンがもしウイルスに感染したら、あなたはどうしますか。パソコンウイルスは、常に新しいものが生み出されています。万が一にも、感染してしまったらきちんと対処する必要があります。

もしも、パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染してしまうと、ハードディスク内のデータを壊したり、プログラムを勝手に書き換えたりします。外部からコンピューターを自由に操作できるようにしたり、個人情報をインターネット上に流失させたりする危険もあります。パソコンの動作が遅くなりシステムを不安定にさせたりなどの症状をひき起こし、最悪の場合パソコンが壊れてしまいます。

パソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染しないための一番有効な対策方法は、最新のウイルス対策ソフトウェアを使用することです。万一 パソコンがウイルスに感染したときには、まずネットワークケーブルを外す必要があります。ネットワークにつながっていると、他の不正ファイルが侵入したり個人情報が漏洩したりと、ネットワークを通じ被害拡大にもなりかねません。次に、ウィルス対策ソフトウェアの最新版を用意し、感染したウィルスの駆除作業を行ないます。無事にウィルス駆除ができて、コンピューターウィルスが潜んでいないことが確認できた場合には、再び元のようにパソコンを使うことができます。

しかし、不幸にして駆除できないウィルスに感染してしまっている場合、コンピュータに記憶された情報をすべて消し去らなければいけません。パソコンのハードディスクを初期化し、OSやアプリケーションをゼロから作り直す「再セットアップ作業」が必要になります。ウイルス感染対策には、ウイルス対策ソフトは常に新しいデータに更新しておくことが肝心であり、感染した後の対処法も忘れないようにしましょう。




posted by PC-SOS at 20:06 | ウイルス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。