パソコン ハードディスクは 外付けHDD ソフト DVD USBメモリなどでバックアップをしましょう。ウイルス対策 トラブル対策 忘れず行いましょう。

スポンサードリンク

パソコン ウイルス ソフト



最近はインターネット常時接続になっている場合も多く、その分ウィルス感染や不正侵入などの危険性も高くなっています。自分のパソコンをパソコンウィルス(コンピューターウイルス)の被害から守るだけでなく、他の人のパソコンへウィルスを広める加害者にならないためにも、パソコンにはウィルス対策ソフトをインストールしておくことが必須となります。

パソコンを購入した時には、ウィルス対策ソフトのお試し版がインストールされている場合もありますが、期間が過ぎると使えなくなるためソフトを更新するか新しいウィルス対策ソフトをインストールする必要があります。代表的なウィルス対策ソフトを紹介します。

<トレンドマイクロ ウィルスバスター リアルセキュリティ>
有料のみ。知名度の高さから企業での採用率も高いソフトです。バージョンを上げるとコンピュータが応答しなくなるなどの一時的な問題が発生したことがあります。初心者にも安心な、サポートと保険がセットになったパッケージも発売しています。
<シマンテック Norton Internet Security>ウイルスバスターとともに日本では知名度で他を圧し、ユーザーも多いソフトです。以前は年ごとにソフト自体が大きくなり、高速なCPUと容量の多いメモリを必要とするなど動作が重い傾向にありました。2007年版以降解消され、動作が軽くなっています。 Macintosh用アンチウイルスソフトでは世界トップシェアです。
<マカフィー株式会社 マカフィー・ウイルススキャン>
有料のみ。ワーム系のウイルスに強いとされています。企業採用では世界トップシェアです。

この他に、無料で利用できるAVG Anti-Virusやavast! antivirusなどもあります。ウイルスセキュリティZEROなど年次更新料不要の低価格帯ソフトやも登場しています。CD・DVDドライブのない方には、USBメモリ版もあります。ウィルス対策ソフトをインストールしておけば、届いたメールや、ファイルをチェックを行い感染を未然に防ぐことができますが、更新を欠かさないことが大切です。ウィルス対策ソフトを購入する時には、インストール可能台数と更新期間をチェックしましょう。また、ウィルス対策ソフトのお試し版以外のソフトをインストールする際には、必ずお試し版をアンインストールしてからインストールして下さい。




posted by PC-SOS at 20:32 | ウイルス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。