パソコン ハードディスクは 外付けHDD ソフト DVD USBメモリなどでバックアップをしましょう。ウイルス対策 トラブル対策 忘れず行いましょう。

スポンサードリンク

パソコン ウイルス 対策



パソコンウイルスの被害は、年々増加しています。特に個人情報を盗み出すマルウェアの被害は、大幅な拡大を見せています。パソコンデータを壊したり、プログラム書き換えをしたり、パソコンが起動できなくなるようにしたりするだけでなく、クレジットカード番号やパスワードを盗む悪質なプログラムであるコンピューターウイルスは、一向に減る気配はありません。

パソコンの破壊目的だったパソコンウイルスが、インターネットの普及によって、感染したPCをハイジャックして仕掛けた側のインターネット広告を強制表示させ金銭を奪ったり、偽の情報を強制表示してお金やクレジットカード番号、ネット上のIDやパスワードを盗みだすといったパソコンウイルス(コンピューターウイルス)が主流になってきました。こうしたパソコンウイルスの感染を防ぐ一番有効な対策方法は、最新のウイルス対策ソフトウェアを使用することです。

最新のウイルス対策ソフトウェアをパソコンに入れておけば、パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染することを防ぐことができます。他パソコンウイルス対策としては、OSがWindowsの場合のセキュリティ対策は、WindowsUpdateをこまめに行なうこと。自動更新機能を使うと、自動的にWindows Updateを行うことができるので、忘れないためにも設定しておいた方がいいと思います。インターネット・エクスプローラを最新版にする、Office製品を最新版にするなどの対策も必要です。パソコンウイルス対策を行っていないと、簡単にウィルスに感染し発病してしまいます。

他人にクレジットカードの情報を盗まれて買い物をされ、高額な請求が来てからウイルス感染を知ったのでは遅すぎます。また、インターネットバンキングを行っている場合、知らない間に口座から現金を引き落とされてしまったりということもあります。自分だけの被害に留まらず、自分のパソコンを経由して他のコンピュータに攻撃をかけられ、攻撃をかけられた企業や個人から損害賠償を求められる被害が発生したりということにもなりかねません。ウイルス対策ソフトを使用していれば、万一感染した場合にもウイルスを除去し、ファイルの修復を行ってくれます。サポート期間が切れると大変ですので、きちんと確認をして下さいね。




posted by PC-SOS at 13:57 | ウイルス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。