パソコン ハードディスクは 外付けHDD ソフト DVD USBメモリなどでバックアップをしましょう。ウイルス対策 トラブル対策 忘れず行いましょう。

スポンサードリンク

パソコン ウイルス マナー



インターネットは、メールやサイト閲覧、ソフトやファイルのダウンロードなどパソコンを使う上で、欠かせないとても便利なものです。しかし便利な半面、ウイルスと言う避けて通れない危険がつきまといます。パソコンを使っている人は、某かでインターネットを使っていると思います。パソコンウイルスは、自分のパソコンだけの問題にはとどまりません。例えばワームは、自己増殖を繰り返しながら破壊活動を行なうプログラムであり、コピーをメールし続けて範囲を拡大させる性質上、いつあなたが加害者になってしまうかもしれないのです。

ウイルスはいつ入り込むかわかりません。そのため、ウイルスに対して十分な知識で対応していくしかないのです。インターネットを使う上での、まず最低限のマナーとして、自分のパソコンからの感染拡大を防ぐためにウイルス対策ソフトを必ず入れておきましょう。これだけでかなりのウイルスを防げますし、定期的に更新することでウイルスの進入を抑え続けることができます。ただし、更新をしなければウイルス対策ソフトの意味がないので必ず更新してください。基本的にはこれでほぼ問題はありません。

しかしウイルスの定義は新しいウイルスが出るたびに更新されるので、定義にない新種のウイルスには対応できません。自己防衛のためには、不信なファイルやサイトには絶対に近づかないようにすることです。しかし、ウイルスの製作者は、次々と新しいウイルスを作り、あの手この手で感染させようとしてきます。ワームのように、メールに添付させてファイルを開かせるものや、エクセルのマクロなど、よく使われるソフトに忍ばせてある場合もあります。

特にビジネス用のパソコンは、ハッカーやウィルス等を送り込む悪質なクラッカーに狙われやすいため、万一感染してしまうとマナー違反どころか会社の損失であり犯罪にもなってしまいます。ウイルスに限らず、様々な罠がインターネットにはあります。被害者になることを避けるだけでなく、自分が加害者にならないようマナーを守って慎重に利用するように心がけましょう。




posted by PC-SOS at 21:33 | ウイルス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。