パソコン ハードディスクは 外付けHDD ソフト DVD USBメモリなどでバックアップをしましょう。ウイルス対策 トラブル対策 忘れず行いましょう。

スポンサードリンク

パソコン ウイルス



パソコンウイルスは、コンピューターウイルスとも言いますが、意図的に人間の手によって作られた悪質なプログラムです。パソコンウイルスに感染しても、しばらくは潜伏しているケースが多いため、気付かないことが多々あります。そのうちパソコンの動きがおかしくなったり、大事なデータが消去されたり、勝手にメールが送信されたりなどさまざまな症状が出てきます。

パソコンウイルス(コンピューターウイルス)は、巧妙な手段であなたが興味をひくような件名の電子メールに添付されています。また、意図的に仕掛けを施されたホーム ページなどから気づかれないようにパソコンに送り込まれます。パソコンウイルスが進入したパソコンは、ハードディスク内のデータを壊したり、プログラムを書き換えたりします。ほかにも外部からコンピューターを勝手に操作できるようにしたり、システムを不安定にさせたりなどの症状をひき起こし、最悪の場合パソコンが壊れることもあります。

パソコンウイルスの感染源としては、メールのやりとり やインターネット上からのファイルのダウンロード、ほかのコンピュータとのデータの共有、フラッシュメモリーやCD等でのデータのやりとり等 があります。ウイルスに感染したことに気付かないでいると、インターネットを通じ今度はあなたが他の人にウイルス感染を広げてしまう恐れがあります。パソコンウイルスに感染しないためには、不信なメールや素性のわからないホーム ページを開かないようにすることです。しかし、一番有効な対策方法は、最新のウイルス対策ソフトウェアを使用することです。

最新のウイルス対策ソフトウェアをパソコンに入れておけば、パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染することを防ぐことができます。最近はメーカーのパソコンを買った場合、ウイルス対策ソフトが入っていることが多いようです。ウイルス対策ソフトウェアは、新しいウイルスにも対抗してくれないと意味がないので、忘れないで常に新しいデータに更新しておくことが大事です。




posted by PC-SOS at 15:52 | ウイルス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。