パソコン ハードディスクは 外付けHDD ソフト DVD USBメモリなどでバックアップをしましょう。ウイルス対策 トラブル対策 忘れず行いましょう。

スポンサードリンク

Norton Internet Security 2009



老若男女の関係なく、今やパソコンは多くの方が使う時代になっています。そしてパソコンを使用している以上、企業だけでなく家庭でもインターネットにつなぐのが当たり前のようにさえなっています。原理などわからなくても、インターネットを楽しむことはできます。しかし無防備にインターネットを使用すれば、大きなリスクを背負う事になります。

インターネットは、それぞれのパソコンを電子的に接続をしてMailのやりとりやデータの送受信を行う世界です。つまり、パソコンを接続し合ってお互いに公開しているのと同じことなのです。そのために、自分のパソコンの中に入れておいた大切なプライバシーデータや銀行口座番号や暗証番号などパソコンに保存した重要な情報を他の人が見ることは原理的にはできるのです。もちろん簡単に見ることができるわけではありません。それでも、あの手この手と色々な方法を考えて情報を盗もうとする者もいます。大切なデータを盗まれてしまえば、後悔しようもないほど大変なことになるわけです。

パソコンを安心して利用するために、現在ではインターネットに接続するときには、セキュリティソフトをインストールするのが常識になっています。セキュリティソフトの中で世界シェアNo.1のNorton社から発売されているソフトが「Norton Internet Security 2009」です。この「Norton Internet Security 2009」の内容は、アンチウイルス機能・アンチスパイウエア機能・IDセーフ機能・アンチフィッシング機能など、オンラインからの進入の恐怖から保護する速くて軽いソフトなのです。

従来のバーションに比べてNorton Internet Security 2009は非常に動作が軽くなっています。パソコンを使っていないことを自動的に判断してスキャンや自動更新を始めるため、操作を妨げず、15分ごとのパルスアップデートにより個人情報を強力に守ることができるのです。Norton Internet Security 2009は「個人情報」をあらゆるインターネット経由で盗まれる脅威から防いでくれるのです。快適なインターネットを楽しむためには、セキュリティソフトも快適で強力であることが求められます。




posted by PC-SOS at 17:26 | ソフト

スポンサードリンク

ホームページビルダー



ホームページやブログなど、最近では誰でも簡単にインターネット上で日記やショッピングサイトなどを持てるようになりました。ホームページは、HTML言語(ホームページ作成の命令文)で構成されています。でも、パソコン初心者の場合、タグを使ったハイパーテキストのプログラム言語はなかなか使いこなせるものではありませんよね。そこで、HTMLなど知らなくてもホームページが作成できるソフトがあるのです。HTMLエディタという分類のソフトで、いわゆるホームページ作成ソフトです。ワープロ感覚で打ち込むことで、ホームページを作ることができます。

ホームページ作成ソフトの中でも、最もユーザーが多く人気も高いのが、日本IBM社が発売しているホームページビルダーです。「ウェブアートデザイナー」を使えば、ホームページで使うロゴや絵柄などをデザインできます。アニメーション画像を作る「ウェブアニメーター」や、作ったホームページをプロバイダに転送しインターネットへ公開するために使うFTPツールも付いています。ホームページに記載する文字も削除や追加が簡単にでき、パソコンに保存ができるのでいつでも更新することができます。ホームページビルダーを使えば、マイホームページやアフィリエイト、Web Shopなどのホームページも作ることができるのです。

HTMLエディタは、各社からいろいろなHTMLエディタが発売されていて、それぞれに特徴があります。その中でもホームページビルダーは、HTMLエディタのランキングでも常に上位の売り上げを占めています。ホームページ作成では、ホームページビルダーは一般的なソフトになっているということですね。


posted by PC-SOS at 15:45 | ハードディスク

スポンサードリンク

パソコン ウイルス 無料版 紹介



インターネットを使う以上、コンピュータウイルスに対する対策を行う事は、被害者にも加害者にもならないためのマナーです。パソコンウイルスの対策には、パソコンに侵入しようとするウイルスを監視したり、侵入したウイルスを駆除することができるパソコンウイルス対策ソフトがあります。

日本でのパソコンウイルス対策ソフト市場は、トレンドマイクロ、シマンテック、マカフィーの大手三社による寡占的な状況が続いてきました。しかし有料のパソコンウイルス対策ソフトだけでなく、無料のウイルス対策ソフトにも高機能なソフトは多くあります。たとえば、常駐してメールの送受信を監視したり、自動で最新のウイルス情報をアップデートしたりして、無料でパソコン(コンピューター)ウイルスからパソコンを守ってくれます。無料のウイルス対策ソフトをいくつか紹介します。

<avast!4 Home Edition(アバスト4)>
チェコで開発された無料のウイルス対策ソフト。日本語に対応し、リアルタイム監視機能、メールの送受信やファイル実行、コピーを監視します。家庭内の非商用のみ利用可能で、60日以上の利用には無料ユーザー登録が必要です。
<AVL Antivirus Eree Edition(エーブイジーアンチウイルス)>
海外で提供されている無料のウイルス対策ソフト。日本語にも対応し、常駐スキャン、メールスキャン、スケジュール機能など高機能を備えたソフトです。利用は、個人利用、かつ非商用利用に限ります。
<Avira Anti Vir Personal Edition Classic(アンチバー)>
ドイツの無料のウイルス対策ソフトで、日本語版はありません。ファイルやフォルダを右クリックしてウイルススキャンを行ないます。常駐しているので、ウイルスに感染しているファイルのダウンロードや実行を監視、駆除できます。

この他にも検索すると、無料でウイルススキャンを行ないウイルスチェックができるオンラインウイルススキャンなどもあります。うっかりして有料パソコンウイルス対策ソフトの更新期間が切れていたりという時にも、応急対策として無料のウイルス対策ソフトを利用することも考えてはいかがでしょうか。


posted by PC-SOS at 20:59 | ウイルス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。